高齢者の生活を支えるデイサービスを開業するには?

レディ

各種のサービスが受けれる

施術

経営の効率化に役立つ

骨折、捻挫、打撲などの治療を行う者には、整形外科医のほか柔道整復師や整体師やカイロプラクティックなどがあります。柔道整復師は、整骨師、接骨師、ほねつぎなどと呼ばれています。柔道整復師になるには、国家資格資格試験に合格する必要があります。柔道整復師が行う施術は治療行為であり、健康保険の適用を受けることができます。整体師は民間資格であり、その施術は治療行為とならず、健康保険の適用はありません。柔道整復師が医院を開業する場合には、整骨院や接骨院などの名称を使用します。整骨院では、柔道整復師の資格を持つ者が一人いれば、資格を持たない者でも柔道整復師の指導のもとに施術を行うことができます。接骨院を開業した者のほとんどは、接骨師会に所属しています。接骨師会では、保険請求の業務の支援、新しい施術の講習、新規の開業者の支援などの業務を行っています。整骨院が行う施術は医療行為であるため、健康保険の適用を受けることができます。健康保険を適用した場合には、各団体へ診療報酬の請求を行う必要があります。また、各団体から毎月入金されてくる金額をチェックするには、多くの事務量がかかります。接骨師会に所属することで診療報酬の請求の事務処理の負担を軽減することができます。新規に整骨院を開業する者は接骨師会に入会することで、関係機関への届け出書類の作成や開業後の保険請求手続きなどの支援を受けることができます。接骨師会に入会することで、整骨院の経営を効率的にすることができます。